子宮頚部高度異形成ってがん保険対象なの?


ダウンロード (6)


市町村や会社の健康診断で実施される子宮頸がん検診では、最初に”細胞診”が行われます。細胞診の評価は、日本母性保護産婦人科医会の分類(日母分類)に従い、5段階(クラスI、II、IIIa/IIIb、IV、V)で評価されます。クラスⅣ以上は子宮頸がんの可能性が高いですが、あくまで”疑い”であるため、がん保険が支払い対象かどうかは判断できません。

・細胞診の評価
クラスⅠ  (陰性)正常(異形成I、軽度異形成)
クラスⅡ  (陰性)炎症などの影響を受けて変化した細胞があるが、正常(異形成II、軽度異形成)
クラスIIIa (擬陽性)軽度から中等度の異形成を疑う(異形成IIIa、軽度~中度異形成)
クラスIIIb (擬陽性)高度の異形成を疑う(異形成IIIb、中度~高度異形成)
クラスⅣ  (陽性)早期がん、0期のがん細胞を疑う(異形成IV、高度異形成)
クラスⅤ  (陽性)1a期以上のがん細胞を疑う(異形成V、高度異形成)

細胞診でクラスIIIa以上の場合、次にコルポスコピー診でより詳細な検査をします。この段階でも、がん保険対象かどうかはまだわかりません。がん保険の対象となるには、”病理組織学的検査”の結果によって、がんと診断確定されることが条件だからです。

コルポスコピー診で病変を確認した後、その部位から細胞を採取します。一般には、コルポスコープ観察下に異常所見のある部位から組織を採取します。組織標本はCIN分類によって、3段階(CIN1、CIN2、CIN3)で評価されます。CINとは、上皮内に限局する”子宮頸部上皮内腫瘍”のことです。

・病理組織学的検査(CIN分類)
CIN1(異型度1) 軽度異形成
CIN2(異型度2) 中等度~高度異形成
CIN3(異型度3) 高度異形成・上皮内癌

病理組織学的検査の結果”CIN3”と診断確定された場合、一般的にがん保険の支払い対象です。なかには、”子宮頚部高度異形成”と診断された時点で、がん保険該当と判断する保険会社もあります。

また、子宮頚部高度異形成(CIN3)≒がんとの認識がなく、がん保険が未請求となっているケースが少なくありません。保険の時効は3年ですので、そういえば”子宮頚部高度異形成”って言われたことがある人は、病理組織学的検査の結果CIN3であれば一般的にがん保険の対象ですので、お忘れなく請求をされることをお勧めいたします。