末期がん患者でも、10万円の保険料で100万円もらえる生命保険

-e1495483206791.jpg


少しでも家族にお金を残したい。

なぜ病気になる前に生命保険に加入しなかったのか。。。

健康なときはウザいとしか思わなかった生保レディが、女神だったと思えてくるかもしれません。

後悔先に立たず。死を目前にして、もはや後の祭りです。

ご存じのとおり、生命保険は健康なうちしか加入できませんからね。

もし、余命いくばくもない末期がんでも10万円の保険料で100万円もらえる保険があったとしたら、家族にお金を残してあげられます。

しかも、損をする確率がゼロだったとしたら。

お金をかき集めてでも、すぐ契約したいですね。

世の中、うまい話なんかない。

騙されたとしても、死人に口なし。

どうせ、告知義務違反をすすめて適当なことをいっているだけ。

騙されたとしても、死人に口なし。

保険業界では当たり前ですが、病気ではないとウソの告知をして契約したとしても、告知義務違反ばバレると保険金は1円も支払われません。

告知義務違反で保険に加入しても、ごくまれに保険金がもらえるケースもありますが、保険金詐欺という犯罪にもなりかねませんので、絶対におすすめできません。

末期がん患者だけではなく、余命いくばくもない難病に苦しんでいる人であれば、10万円の保険料で100万円がもらえるチャンスがあります。

お金さえ準備できれば、100万の保険料で1,000万をもらうことさえ可能です。

こんな夢みたいな保険、あるわけない。

​仮にあったとしても、胡散臭い少額短期保険、もしくは外国の保険じゃないかと、お考えの人もいらっしゃると思います。

2019年11月現在、この保険は日本人なら誰もが知っている大手生命保険会社を含めて、数社で販売されています。

では、なぜ営業マンは販売してこないのでしょうか。保険を勧められて病気だといったら、なぜ残念そうな顔をして帰ってしまうのでしょうか。

なぜなら、営業マン自身が夢みたいな保険を取り扱っているにもかかわらず、契約内容・約款を理解していないからです。

保険の営業で、保険金の支払知識が豊富な人は、100人に1人もいないのが現実です。

保険金の支払実務を10年以上経験しているわたし自身でさえ、つい数年前まで知らなかったのですから、保険の営業マンが知らないのは無理もありません。

STAP細胞はありませんでしたが、夢みたいな保険は、本当にあります。

しかも、告知義務違反をした犯罪まがいの詐欺行為でなく、1点の曇りもない合法的な保険契約です。

なぜ、言い切れるのか。

それは、わたし自身が保険金の支払決裁をしたことがあるからです。

これまで10万件以上保険金の支払決裁を経験したなかで、1件だけ今回紹介するケースの類似事案がありました。

契約者が意図していたかどうかはわかりませんが、保険金請求の診断書をみたときに「この手があったか。うまいことやりやがったな!」と、心から感心して支払決裁のボタンを押したことを、いまも鮮明に覚えています。

夢みたいな保険の対象は、余命いくばくもなく回復の可能性がない人です。健康な人は、一般的な保険に加入すればよいですからね。

当記事は、余命いくばくもなく家族に少しでもお金を残したい人だけではなく、保険営業で稼ぎたい人にもおすすめです。

記事の内容は、具体的な保険商品名、損をする確率がゼロである理由、請求方法、おすすめの営業先です。

溺れる者は藁(わら)をもつかむ。

藁で助かることはありませんが、当記事が蜘蛛(くも)の糸として、みなさまのお役に立てれば幸いです。

末期がん患者でも、10万円の保険料で100万円もらえる生命保険
1126文字
マガブロ画像:0枚
マガブロ動画:0
マガブロを購入する
関連記事